第12話 成績を上げる方法 その2

前回、A君とB君の授業態度も同じで、ノートもちゃんと書いている。
ほとんど同じぐらいの2名。
こういうパターンはいくらでもある。
40人のクラス 15名ぐらいはドングリの背比べ。
圧倒的に評定5がつく生徒と圧倒的に勉強をしない2ぐらいの生徒。
これははっきり言って、成績をつけるのに苦労はしない。

まずは、ノートでも綺麗にまとめてあるものは、教師が見ても、「おぉ」って思うものがある。
綺麗なノートはコピーをさせてもらったこともある。

このノート点は表に出さないから、自分が提出したノートの点数、生徒は誰も知らない。
言えば、これは担当の先生しかわからない。私も他の先生がつけたノート点知らない。(^^;)

そう、教科担当の先生にノートが刺されば、ノート点はクラスの上位に入る。

じゃ、どういうノートがいいノートなのか、それは・・・開いた瞬間にほぼ、わかる。

まず、字が綺麗。これ、習字やペン習字をやっていると有利かっていうと、はい、そうですね。
でも、そこそこ綺麗に書いてあれば、OK

その次は・・・次回の記事で。


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です